赤ちゃんを虐待する親は社会全体の問題でもある

赤ちゃんを虐待する親は社会全体の問題でもある
Line

赤ちゃんを虐待する親は社会全体の問題でもある


赤ちゃんを虐待する親は社会全体の問題でもある

私は1歳の娘を持つ母親です。

娘を産んで初めての子育てを経験している真っ最中な訳ですが、この子を産むまで虐待をする親なんて最低で自分には絶対あり得ない事だと思っていました。

実際、私は娘に虐待をしている訳ではありませんが、夫の帰りが毎日遅い中で日中は2人きりで過ごす事が多いこの頃は、娘の泣き声や我儘に腹が立って、怒鳴ってしまいたくなることも度々あるのです。

1歳の子供に大声で怒鳴っても仕方無いですし、そこは自制心を持って抑えていますが、どこにもぶつけようのないフラストレーションは溜まる一方です。

虐待をしてしまう背景には、私のような核家族の孤独な子育ての実情が大きいのではないかと個人的に考えています。

日中、家族以外にも誰かと話せる機会があって、育児のストレスを相談出来る機会があって、一時的に子供を預かってもらえて少し気分転換に羽根を伸ばせる機会でもあれば、子供に当たってしまう事も避けられるのではないかなと考えます。

虐待は絶対肯定出来ないけれど、虐待してしまう背景にはどんな問題があるのかという部分に目を向ける事が大事なのではないかなと思います。

思います。


当サイトの人気記事

 1番人気! 子供ができないで悩んでいた私に子供ができて出産した話(その時切り替えた葉酸サプリについても)  
ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん、
Line